【iPhoneアプリ】連写カメラで躍動感ある写真を撮ろう

2182


【注意】
この記事は、2013年2月13日に執筆しました。
ここで紹介するiPhoneアプリの画面やサービス内容など、現在の仕様とは異なりますのでご注意くださいね。



今朝はうっすら雪が
積もっていました。

歩きづらくて嫌だなぁ…

(−_−;)

そんな私とは対象的に
4歳の長女は嬉しそう。

雪だるまを作りたい!

(^O^)

いや、それは無理ですよ…

(; ̄ェ ̄)

登園中も長女は、
雪のある場所をわざわざ探して
歩いていました。

次女も公園へ連れて行くと、
キャッキャと動き回ります。


ま、雪はあまり関係ないようですが…

^_^;

動き回る様子をおさめるのに
オススメなのが連写アプリ。


この写真は「ソソカメラ」
というアプリで撮りました。

ソソカメラ(マルチ連写カメラ)

子供のようによく動く被写体は
このようなマルチ連写で撮ると
面白いです。

次女がハイハイや歩き始めたときに
このアプリをよく使っていました。


私は横2×縦2の4コマ撮影にしていますが、このコマ数は変更することができます。


連写の間隔やエフェクトも変更可能ですよ。


撮影は、
真ん中のカメラボタンを
タップすると始まります。


シャッター音がしないので、
気づかないうちに撮られています。

だから、寝顔も安心して
撮ることができます。
・・・って寝ていたら連写しても動きがありませんね。


撮影した写真の確認画面があらわれるので、
保存したい場合は左側のハートマークをタップしましょう。

保存と言っても
カメラロールではなく
アプリ内に一時保存されます。

一時保存された写真は、
撮影画面下部の左側にあるボタンをタップすると
見られます。


真ん中のボタンをタップすると
出力方法を選べます。


「写真ライブラリー」を選ぶと
カメラロールに保存されます。

ちなみに、4コマ撮影した場合は
720×720ピクセルで保存されるので
プリントには少々不向きです。

6コマ撮影すると、720×1080ピクセル。


12コマ撮影すると1080×1440ピクセル。


プリントするなら、
コマ数を多めに設定した方が良いかもしれませんね。

私はiPhone4sですが、
このアプリは高解像度出力に対応していないようなので、
iPhone5も同じかと思われます。

( ̄^ ̄)ゞ
( ̄^ ̄)ゞ
(・ω・)ノ

余談ですが、
次女はまだヨチヨチ歩きなので、
転ぶこともしばしば…。

おかげで靴もズボンも手も、
すっかり汚れてしまいました。


こんな惨事も写真におさめると、
良い思い出?!
苦笑いネタ?!



シェア