iPhone標準アプリでOK!HEIF(heic)、HEVCで撮影した写真や動画を一般的な保存形式に変換する3つの方法

1356

iPhone7以降とiPad Pro以降でiOS11から使える写真・動画の新フォーマット「HEIF」と「HEVC(H.265)」。

▼こちらの記事もご覧ください。
HEIF、HEVCってなに?heicとは?iOS11で選べるiPhone写真・ビデオの高効率フォーマットを大検証 HEIF、HEVCってなに?heicとは?iOS11で選べるiPhone写真・ビデオの高効率フォーマットを大検証


私のiPhone7Plusでは、iOS11へアップデート直後の撮影フォーマットは「互換性優先」で従来の「JPEG/H.264」に設定されていました。
でも、環境によっては「高効率」、つまり、新しい保存形式「HEIF/HEVC(H.265)」が初期設定となっているケースもあるようです。

iOS11のカメラ機能は「HEIF/HEVC(H.265)」形式を選べる
あくまで推測ですが、私の環境ではiCloudフォトライブラリを有効にしているから「互換性優先」が初期設定だったのかな・・と考えたり。(自信が無いので小声風に小さいフォントサイズ)

iPhone標準のシェア機能を使えば従来の一般的なフォーマットに自動変換されるし、「Googleフォト」「Dropbox」などいちはやく「HEIF/HEVC(H.265)」をサポートしているサービスもあります。

HEIF写真をLINEでAndroidユーザーに送信
写真・動画をたくさん撮りたい派の私は「高効率」で撮影していますが、意図せず「高効率」で撮影した写真や動画は従来の一般的なフォーマットに戻したいですよね。
そこで、新しいフォーマット「HEIF/HEVC(H.265)」で撮影した写真・動画を従来のフォーマット「JPEG/H.264」へ簡単に変換する方法を探ってみました。

「設定」アプリで写真とビデオの転送方法を確認


まず、標準の設定アプリを起動して「写真」をタップして[MACまたはPCに転送]のセクションを確認しましょう。
「元のフォーマットのまま」にチェックが入っていた場合は、「自動」へ変更します。


1.MacやWindows PCとケーブルで接続して写真・動画を読み込む


[MACまたはPCに転送]の設定が「自動」にチェックが入っていれば、MacやWindows PCに転送(保存)するときに写真は「HEIF」から「JPEG」へ、動画は「HEVC(H.265)」から「H.264」へ自動で変換されます。

ケーブル接続したMacに「HEIF」「HEVC」データを転送
「macOS High Sierra」(2017年9月26日公開)をインストールした「Mac」のイメージキャプチャで読み込んだ場合も、自動変換されます。
ただし、イメージキャプチャの画面左下にある「元のフォーマットのまま」にチェックを入れないでください。

「macOS High Sierra」のイメージキャプチャで「元のフォーマットのまま」にチェックを入れずHEIFデータを読み込み 「macOS High Sierra」のイメージキャプチャで「元のフォーマットのまま」にチェックを入れてHEIFデータを読み込み

2.AirDropで写真・動画を転送する


iOS10以前の「iPhone・iPad・iPod touch」、または、macOS Sierra以前の「Mac」へ「AirDrop」で写真・動画をワイヤレス送信すると、従来の一般的なファイル形式へ自動で変換されます。

「AirDrop」の手順は、Appleのサポートサイト「AirDrop を使って Mac からコンテンツを送信する」に詳しい手順が載っているのでご覧ください。

3.iCloudドライブ(ファイル)に写真・動画を保存する


これまでの紹介した方法は、MacやWindows PC、他のiPhone・iPad・iPod touchが必要ですが、この方法は他の端末に転送することなく変換することができます。
ただし、「iCloud Drive」を有効にする必要があります。

iCloudDriveに写真や動画をアップロードして従来の一般的なフォーマットに変換する手順
標準の設定アプリを起動し、画面上部にあるアカウント名をタップし、続く画面で「iCloud」を選びます。

iCloudDriveに写真や動画をアップロードして従来の一般的なフォーマットに変換する手順
「iCloud Drive」を有効(緑色)にします。
これで「iCloud Drive」が利用できるようなります。

iCloudDriveに写真や動画をアップロードして従来の一般的なフォーマットに変換する手順
標準の写真アプリを起動し、変換したい写真・動画を選択して左下の出力ボタンをタップします。
出力メニューの最下段にある「ファイルに保存」をタップします。
見当たらない場合は左へスワイプして「その他」をタップし、「アクティビティ」を表示し「ファイルに保存」を有効にします。

iCloudDriveに写真や動画をアップロードして従来の一般的なフォーマットに変換する手順
「iCloud Drive」を選んで、右上の「追加」をタップすると、従来のファイル形式へ自動で変換して「iCloud Drive」へアップロードします。

iCloudDriveに写真や動画をアップロードして従来の一般的なフォーマットに変換する手順
アップロードした写真・動画は、標準のファイルアプリで確認できます。

iCloudDriveに保存した写真や動画は「ファイル」アプリで確認
カメラロール(iCloudフォトライブラリを利用している場合は「すべての写真」)に出力することもできます。

iCloudDriveに写真や動画をアップロードして従来の一般的なフォーマットに変換する手順 iCloudDriveに写真や動画をアップロードして従来の一般的なフォーマットに変換する手順
「iCloud Drive」にアップロードするファイル数が多いと、無料で使えるiCloudの容量(5GB)をオーバーしてしまうので気をつけましょう。
また、「iCloud Drive」へのアクセスはインターネット接続を必要とするので、Wi-Fi環境下での利用をおすすめします。



他の方法として、HEIF(heic)形式の写真をJPEGに変換する海外の無料Webサービスもあります。

Convert Heic Photos to JPEGs Convert Heic Photos to JPEGs

でも、iPhoneのSafariブラウザから試してみたものの、変換に失敗してしまいました。
MacでChromeブラウザから試してみたところ、JPEG形式に変換することができました。
(利用される場合は自己責任でお願いします!)

「Convert Heic Photos to JPEGs」の利用イメージ
FAQには「All converted photos will be deleted every 30 minutes.」とあり、変換後30分を超えるとファイルを削除するようです。



新フォーマットに対応したストレージサービスを利用するのも一案です。

「Dropbox」「Microsoft OneDrive」「AmazonのPrime Photos」は従来のファイル形式へ変換してアップロードすることができます。
「Googleフォト」も「HEIF/HEVC(H.265)」に対応していますがオリジナルデータを「JPEG/H.264」形式に自動変換するかは未確認です

アップロードは最新バージョンの公式アプリを使用しましょう。
自動アップロード機能は無効とし、手動でアップロードすると安心&確実です。

ただし、「Dropbox」の公式アプリ(バージョン64.2)でアップロードした動画は「HEVC(H.265)」のままで、従来のフォーマット「H.264」に変換されませんでした。
上記で紹介した「iCloud Drive」と同じように、標準の写真アプリの出力メニューからアップロードすると従来のフォーマットに変換されていました。
動画をDropboxにアップロードするときはご注意ください。



「HEIF/HEVC(H.265)」を「JPEG/H.264」へ変換するiPhoneアプリも登場しています。

Heic 2 JpgHeic 2 Jpg


AppStoreからダウンロード

「Heic 2 Jpg」は有料アプリですが(2017年9月28日時点の価格:240円)、HEIF形式で撮影した写真(.heic)をまとめてJPEG形式に変換できます。
元のHEIF形式の写真を削除できるのも便利ですね。

今後、このようなアプリが増えていくと思われるので、情報をキャッチしたらレビューしていきます。



シェア