アップデート前に要確認!iOS11で使えなくなる「32bitアプリ」を判別する方法

125

今秋発売される「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」、そして「iPhone X」(アイフォーン テン)の詳細が発表されました。
カメラ性能が強化されるようで、期待が高まります。
パワーアップしたポートレート撮影を早く使ってみたい!


新しいiPhoneに標準搭載されるiOS11は一足はやく2017年9月19日(火)に公開されます。
米国時間なので、日本では9月20日(水)未明になりそうですね。

「iOS11」は、キーボードやSiri性能がアップし、App Storeのデザインも一新。
コントロールセンターのカスタマイズもできるようになります。
カメラや写真機能は新しい保存形式の登場やLive Photo編集機能の充実など、こちらも目が離せません。


「iOS11」は正式公開後、無料でインストール(アップデート)することができます。
「iPhone 5」以降のiPhone、「iPad Air」「iPad Pro」の全モデル、「iPad」(第5世代)、「iPad mini 2」以降のiPad mini、「iPod touch」(第6世代)が対象。それ以外の機種にはインストールできません。

「iOS11」にアップデートすると愛用のアプリが使えなくなる?!


「iOS11」は32bitアプリを利用できません。起動することすらできなくなります。


32bitアプリとは、いわば”古いアプリ”。
2015年6月より前にリリースされたアプリで、その後もアップデートを公開していないアプリは要注意です。

32bitアプリを判別する方法とは?


iOS10.3以降をインストールしたiPhone・iPad・iPod touchであれば、以下の方法で32bitアプリを判別することができます。

設定アプリを起動し、[ 一般 > 情報 > App]の順にタップします。


この一覧に表示されているアプリが”32bitアプリです。


これらのアプリを起動すると「アップデートの必要があります」という警告があらわれます。


中には、AppStoreでの提供が終了しているアプリも・・・。


32bitアプリを使い続けたい場合はアプリ側が対応するまで、
iOS11へのアップデートは控えたほうが良いでしょう。

しかし、AppStoreでの提供が終了しているアプリはサポートを望めません。
これを機に古いアプリとはお別れするのも一案かもしれませんね。



シェア