「HEIF」ってなに?高画質で軽量化!iOS11から変わるiPhone写真の保存形式を調べてみた

732

Appleが毎年開催している開発者向けイベント「The Apple Worldwide Developers(WWDC)」で、iPhoneの新しいカメラ・写真機能を発表しました。


iPhoneの新たなOS、iOS11では、動画やLive Photos(ライブフォト)から静止画を切り出したり、自動アルバム「メモリー」も進化したりと、新機能が目白押し。


さらに、写真・ビデオの保存形式が「HEIF」「HEVC」に対応し、iPhoneの空き容量不足が解消されるかも!?

でも、「HEIF」ってなに?「HEVC」とはなんぞや?
・・・英語の文献しか見当たらず四苦八苦しながら調べました。

「HEIF」ってなに?


「High Efficiency Image File Format」の略称で、直訳すると高効率のイメージファイルフォーマット。
つまり、高画質でありながらファイルサイズが小さい写真(画像)のファイル形式ということですかね。

現在、iPhoneで撮影した写真は「JPEG」というファイル形式で保存されます。


それが、「HEIF」形式に変わることで、ファイルサイズが半減するというのです。


となると、気になるのが写真の質ですが、軽量化しても画質は劣化せず、きれいなまま。
そんな魔法みたいなことができるんですね・・・。すごい。

「HEIF」の公式サイトには「Supports both lossy and lossless image data storage」とあり、
Googleの翻訳機能を使いながら読み進めると、
フル解像度(オリジナルデータ)もサムネイルも保持できるそうです。
あれ?これって「iCloudフォトライブラリの最適化」っぽい。

バースト(連写)も動画も1枚の写真にひとまとめ?


さらに、「HEIF」は静止画の保存形式なのに、バースト(連写)や動画も含めることができる模様。包容力すごすぎ。
「HEIF」の公式サイトにサンプルデータが掲載されていますが、
なんかもう、すごすぎて口がポカーンとあいてしまう。。。

現在の(iOS10の)iPhoneで撮影したLive Photos(ライブフォト)は、PCに保存すると、JPG形式の写真とMOV形式の動画、2つのファイルに分かれますが、iOS11では「HEIF」形式のファイルひとつにまとめられるんですかね。
↑想像&妄想です。

「HEIF」ってなんて読むの?


WWDC2017では、「エイチ・イー・アイ・エフ」と言ってました。
「ヘイフ?」とか思ったんですが、そのままですね。


他の写真系アプリへの影響は?


iPhoneで撮る写真が「JPEG」から「HEIF」形式に変わることで、どのような影響があるのでしょう。

WWDC2017では、「And of course, you can still share completely compatibly with others.」と言い切っているので、写真をシェアすることは今まで通りできるようです。


でも、写真加工や写真共有など、他の写真系アプリはこれまで通り使えるのでしょうか???

写真の軽量化で容量不足が解消されるのはとっても嬉しいのですが、互換性が気になるところ。
新しいiOS11の登場が待ち遠しいですか、不安もあるので、早く試してみたい!

あ、iPhoneの動画の新しい保存形式「HEVC(High Efficiency Video Codec)」は改めて。



シェア